2006年10月28日

「珍來」 と 「珍来」 と 「珍珍軒」 のタンメン

珍來(チェーン)
↑ 「珍來」 のタンメン
(「珍来」、「珍珍軒」 は未撮影)

タンメンが美味い店には、「珍」 が付いています。

まず、写真の 「珍來」。こちらはチェーン/フランチャイズ展開するお店です。
http://www.chinrai.co.jp/
まだ最寄のお店でしか食べた事がありませんが、五つ星の激ウマ タンメン。
この珍來、モッチモチの極太の麺が最高で、チェーン店とは言え、コダワリのラーメン屋でも及ばないほどのクオリティです。仕込なども、お店ごとにやっているようですしね。安い値段と、多すぎるほどのヴォリュームも魅力。
(HPに最寄の店舗が記載されてないのはどういうこと?違う店か・・・?)

続いて、荻窪の駅前にある老舗。名前は同じく「珍来」。
→ 参照 : ラーメンデータベースさん
こちらもタンメン五つ星!昼間でも酔っ払いがいる店内。夜はさらに酔っ払いが多数(基本、おじいちゃん方)、カウンターに陣取っています。そんな風情も◎

最後に、上野アメ横線路下にある 「珍珍軒」。
→ 参照 : ラーメンデータベースさん
線路下で、座席は半分、外みたいなもん。で、強火でバッサバッサと炒められた野菜が最高の甘みを出しています。野菜はココがダントツ美味い。餃子がバカうまなので、一緒に頼みたいところ。


いずれにしても、共通点があります。

基本、「中華料理屋」 であること。

コダワリのラーメン屋ではダメなんですね。スープは何にでも使いまわしの利くシンプルなもの。下記にその理由がありますが、変にこだわったものはダメ。でも基本はシッカリとしていないと、弱すぎてマズくなっちゃう。
(ま、タンメンを出す本格ラーメン屋って、あんまり無いですけど・・・)
そして、肝心なポイント。炒め物のプロであること。タンメンは野菜の炒めが命。シッカリと火を通して甘みを出しつつ、シャッキリと仕上げなくてはいけません。そこにスープを入れて味付けする訳ですから、炒めこそがスープの味を決定付けます。それには、強火でバサバサと火を通すことが必要なんですね〜。

で、なぜか、「珍」。こればっかりは意味不明。

皆さんも、店名に「珍」が付いて、腕の良さそうなコックが調理する中華料理屋を発見したら、ぜひタンメンを食べてみてください。保証はしません(笑)

あ、あともう一つ共通点が。
基本、店が古くて汚え!(笑)
posted by 呉 ポカン at 14:26| Comment(0) | TrackBack(1) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

西葛西のインドカレー

(本日2つ目の記事)

カレー@西葛西
◆ チキンカリー (西葛西)

東京、江戸川区の葛西は、インド人が多く住んでいることで知られています。
確かに、どこに居ても必ずインド人の方が目に入ります。
ですから、さぞインド料理、カレー屋がいっぱい・・・と思いきや、

全く見当たりません。

何故かと言えば、どうやら葛西在住のインド人の方々は、
「超」 が付くほどのエリート。
IT関係で働くお金持ちが多く、わざわざカレー屋を開く、
またはカレー屋で働く必要は無いんですね〜。

で、そんな西葛西在住のインド人も満足、かどうかは知りませんが、
なかなか繁盛しているお店 (店名は失念) 。
バイキングじゃないのが残念でしたが、ボリュームたっぷりでお腹いっぱい。
味はまあ、いわゆる「インドカレー」でしたが(笑) 完成度は高かったです。
これまた名前は忘れましたが、あの、
豆でできた 「パリパリせんべい」 は美味しいですね〜。
インド料理ランチのバイキングにあると、たくさん食べてしまいます。

ちなみに、従業員は恐らくインド人。
あの人たちはエリートじゃないのかな・・・?(笑)

食後にレジにて、「ウイキョウ」 をスプーンで頂きました。
味もいわゆる漢方薬みたいな香辛料でしたが、
(多分、漢方胃腸薬に入ってると思います)
消化を助け、酸性になった口内をアルカリで中和する作用があるそうです。
posted by 呉 ポカン at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青葉 (中野)

青葉特製
◆「青葉」 (中野) 特製中華そば

遂に食べました。
現在のラーメン業界を代表する名店、中野の 「青葉」 本店。
飯田橋店では2度食べており、その味には感嘆しておりましたが、本店は初。

仕事で外出中、3時過ぎ頃でしたので、並ばずに入店。
「特製中華そば」を注文。
日本中に動物系と魚介系のWスープを流行らせただけあり、
その味の完成度はバツグンに高い。
動物系 (←この言葉、嫌いだけどw) の深いコクと
魚介系の豊潤な風味が最高地点で混ざり合い、
舌と鼻腔に至福の快感を与える。
麺は表面ツルツルの中太で、若干チェーン店的な
「既製品くささ」を覚えるものの(笑)
適度なコシと ノドごしの良さで、するりするりと箸を運んでしまいます。

極太のメンマは歯応えシャッキリで芯まで柔らかく、
半熟味玉と、ハムに似たチャーシューも絶品(どこの部位なんですか?)。

満点っス!先輩!!
ただ、やっぱり、麺の味わいがスープの力強さと比べると弱い気が・・・。
それを引いて95点といったところでしょうか?

それと、飯田橋店も、ここと引けを取らないくらいの出来ですね。
また行ってみたいと思います。(←小学生風)

青葉完食
しっかりとキレイに完食いたしました!
posted by 呉 ポカン at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

秋味で自炊

ちょっとした機会があり、久々に、旬のもので料理なんかしてみました。

サンマ

まずは何と言ってもサンマですね〜!
The King Of 魚!一番好きな魚です。それを・・・

煮魚

塩焼きも良いけど、グリルの都合もあって、今回はサッと煮付けてみたり。
決して甘辛くせず、醤油を強めに、生姜と梅干で酸味を利かせサッパリと。

あと三品、同時に作りまして・・・

完成
完成!

一品少なく撮影。
サンマの刺身を作ったのですが、あまりに見た目が悪かったので。
(刺身のさばき方なんて知らない!)

煮魚のほかは、
・茄子とニンニクの芽、豚肉の炒め
・とりワサ 柚子胡椒ヴァージョン
(湯引きしたササミの切り身と、三つ葉の醤油和え。柚子胡椒を添えて)

雑に作ったから、味は「まあまあ」レベル。
それにしても僕の煮魚は絶品。
目分量で作るのに、いつも味付けはバッチリです。
posted by 呉 ポカン at 13:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

さなぎ

さなぎ
◆ さなぎ

さなぎです。さなぎ。
でも、何のさなぎかは知りません。

会社で、違う部署の人間のお土産だってさ。完全に嫌がらせ。
(もうひとつ、有名な「ざざむし」もありました)
しかし長野県民っちゅうのは、本当に虫ばっかり食ってるイメージだな。
ハチノコとかね。
「蕎麦と虫(食用)のくに、長野」。

ゲテモノ好きな僕ですが、さなぎは無理です。食えませんでした。
・・・と言うより、正直、甘辛い味付けが嫌いです。
たぶん、塩で炒めてたら食ったな。
posted by 呉 ポカン at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

卵かけご飯が食べたい!!

「和食」カテゴリ初の記事が「卵かけご飯」(笑)
でも、生卵を食べるのは日本を含めてごく一部の地域だけらしいので、
完全な日本食と言えるでしょう。

なんですが、今回はただ「食べたい」ってだけ!
だから写真も無いんで、イメージはコチラ(笑)


自炊をしていた学生・フリーター時代なら、
今すぐにでも食べられたでしょう。
でも、今では部屋に米もありません。
ランチに定食屋にでも行けば食べられますが、
現在 節約の為、会社の仕出し弁当を食べているので、これも無理。

僕の食べ方は、
あったかご飯に直接生卵を落とし、適当に醤油をサッ回し、
白身をよく切りながら、しっかりご飯とかき混ぜて
「ザパーっ」と勢い良くかっ込みます。
ただ、卵ごはんは、おかわりした二杯目ね!
なんだか、家族と一緒で幸せな子供時代を思い出すなあ・・・(泪)

子供の頃。
母ちゃんは、卵を丁寧に溶いたのが嫌いだったようで、
卵かけご飯もすき焼きも、白身がドロっと固まっていました。
今でもそうですが、それが嫌いで、黄身だけもらって食べてましたね〜。
よく溶いて白身を切れば、白身も美味しいと気づいたのは、だい〜ぶ後。

それと僕は、卵かけご飯にバターを入れて食べることがあります。
ちなみに、納豆ご飯にもバターを入れると美味しいです。
気持ち悪い?
いえいえ、卵とバターと醤油なんだから、不味いはずが無いんです。
(納豆に関しては、砂糖を入れる地域や、マヨを入れる人もいるし・・・)

僕から言わせれば、何も変な食べ方ではないんですが、
ま、勇気のある人はお試しあれ。
家族と一緒にね。一人では厳禁です。
ただのみすぼらしい「貧乏飯」に成り下がりますから(笑)


追記:これもコダワリはあるっちゃあ、あるな。卵の質よりも、むしろ醤油です、醤油。安い醤油だと、ベラボーに不味くなります。
posted by 呉 ポカン at 22:04| Comment(2) | TrackBack(1) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。