2006年11月25日

西葛西 『やしま』 (立ち食いそば)

やしま
◆ 「やしま」(西葛西) 鶏天そば

日本が誇るファスト・フード、立ち食いそば。
こんな食べ物にうるさい僕ですが、実は、一人で買い物に出かけた時や会社帰りなどは ご飯を食べるのが面倒で、立ち食いそばで済ませることがよくあります。

そんな僕の立ち食いそばランキング1が、ここ、西葛西の 「やしま」。
メニューはこの 「鶏天そば」。
鶏のモモ肉、1/3枚ほどの大きな天ぷらがドドーン。

そしてもちろん、そばとツユ。
細めのそばは、コシがあってシャッキリ。そばの風味は、さすがに手打ちのものと比べたら落ちますが、充分美味。下手な食堂のそばより断然美味しいです。
ツユは気持ち濃い目。濃すぎず薄すぎずで、サッと食べるのにはもってこい。しっかりとした鰹節系の出汁も感じられます。
(うどんツユは関西/讃岐風の極薄でなきゃダメですが、そばは濃い目が基本。そばでツユが薄いのなんて死刑じゃ!)

当然 大繁盛で、いつもお客さんがいっぱい。
汚いオジサンはもちろん、さらに汚いオバサンももちろん、
家族連れや若いアベックまで、色んなお客さんで賑わっています。

大好きなお店だったのですが、今後は事情により、
西葛西へ赴く機会が無くなってしまいます。
という訳で、これが食べ納めの記念写真。
機会を見つけて、また行きたいですね〜。

追記
posted by 呉 ポカン at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | B級 (立ち食い etc.) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

舌とお腹は別もの

とにかく 「激辛」 が 好きで好きで。

これは十代の幼い時からなんですが、
辛さに対する舌の感覚が、他の人とは違っているようです。

なので、ハバネロだろうが何だろうが、余裕で食べてしまいます。


先日、坦々麺の専門店 「支那麺 はしご」 へ行きました。
このお店は、「普通・中辛・大辛」 の三段階で辛さが選べるので、
大辛のつもりで 「一番辛いの!」 と注文したら、
「激辛一丁〜!」 と、予想外のモノがオーダーされてしまいました(笑

で、実際に出てきて食べたところ、余裕でペロリ。
「これからは激辛だなあ〜」 なんて事を言ってた訳です。

が、

帰宅後、地獄を見ました。

「出口」 での唐辛子爆発はもちろんですが、
そこに達する以前に、激しすぎる胃腸の痛み。
そして、明らかに消化不良な下し方(笑
死ぬかと思いました。

僕、辛さの味覚だけが麻痺状態にあるようです。
ですが消化器の各器官は、通常の機能しか持っていないらしく・・・。
重々、気を付けます。もう懲り懲り!
posted by 呉 ポカン at 17:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 食雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。