2007年07月01日

「もちもちの木 新宿店」 (東京:西新宿)

ブログが波に乗った頃にパソコンの故障を挟んでしまった為、
すげー久しぶりに更新です。
止めた訳ではないのですが、上記理由により忘れかけだったため、
ついつい写真を撮るのを忘れてしまっています。

今日食べたラーメン
● もちもちの木 (東京:西新宿)
メニュー : 中華そば(中)
ラーメンデータベース

いかにも新宿らしい(笑) 地下一階のお店で、20分ほど並んで入店。
外観はイタリアン風で、内装はカフェ風。
そんなオシャレ・ラーメン店で出されるのは、
カツオの風味が強烈な和風ラーメン。
スープ表面を脂が覆い、火傷をするほど熱い。
以前食べた、高円寺の 「田ぶし」 を思わせる
魚粉がふんだんに使われたスープは、
若干の粉っぽさを感じましたが、コクと旨みがたっぷりで、かなりの満足感。
(開店年から、もちもちの木の方が先だと思われますが・・・)
また、手で裂かれたようなメンマ 「穂先メンマ」 も
前記の 「田ぶし」 と同様で、シャキシャキの歯応えが心地良い。
この2店、関係があるのかな・・・?

麺は少し縮れた細麺で、歯応えはシッカリと 「モチモチ」。
麺の量は小・中・大を選べますが、小でも少なくはないようです。

何と言っても、スープの温度が熱々で、
脂が熱を逃がさないので、最後まで食べるのに必死です。
猫舌の人は、かなり気を付けた方が良さそうです。

テーブルに置かれた一味唐辛子とワインビネガーを入れるのも乙。
でも、ワインビネガーは酸味がキツ過ぎたので、
穀物酢とか米酢の方が合うと思うんだけど・・・。それは好みか。

それにしても、ラーメンは奥が深い・・・。
これだから、色んなものを食べてみたくなりますよねー。
posted by 呉 ポカン at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。