2007年10月15日

蕎麦屋呑み

image_prof.jpg

漢(おとこ)たるもの、
いつかは蕎麦屋で酒をたしなむようになりたいと、日頃思っております。
出汁巻や蕎麦がきで一、二杯。で、蕎麦食って〆。
粋な大人ですねー。

そんな折、本屋にて。
『食楽』 という雑誌の今月号で、
「蕎麦屋で一献」 なる特集が掲載されているのを発見。即購入。


が、特集序文のド頭である。
「蕎麦屋酒を嗜む資格があるのは、四十代からと言いたい。
 が、遠慮がちにという条件付きで、三十代後半からにしよう」


・・・いきなり撃沈。


嗚呼、でもその通りかも。やっぱり二十代がそれをやっても、
イキがってる風に取られるのが関の山。カッコが付かないか・・・。
若くても、それなりの地位にある男ならまだ良いかも知れませんが、
残念ながら僕、バリバリの低所得者!(全国比)

酒の置いてある立ち食い蕎麦屋、探します(涙)


でも特集内に、「立ち呑み蕎麦屋」なるページがあり、3店の掲載が。
ここなら行けるかも・・・。ちゃんと手打ちだし。
しかも、カウンターのカゴに、あらかじめ予算分のお金を入れるんだそう。
前金、バンザイ!(笑)
posted by 呉 ポカン at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

最狂ポテチ 【BLAIR'S DEATH RAIN】

death rain.jpg
◆ BLAIR'S DEATH RAIN

ヤバいんですけどー。チョー死ぬんですけどー。
そんな、ギャル言葉になるくらい死ぬほど辛いッス。
でも、食べちゃうッス。
デス・レインのハバネロ。
http://extremefood.com/product.php?id=20
(何か、パッケージが違ってるけど・・・)

アメリカにある激辛ソース会社による、激辛ポテチ。
成城石井に行くと、思わず買ってしまいます。
他にも、輸入菓子を売ってるお店なら見かけることも。
会社に持っていき、皆を絶叫させるのがいつものパターン。

それにしても、もう辛いとかそんなんじゃないよね。
狂ってるマジ狂ってるし。

製法は、カルビーの堅揚げポテト風に、油で揚げられた系。
超ジャンクなんですけどー。

絶対にオススメしません。一人一枚まで!
僕? 一袋イキます。時間をゆーっくりとかけて(笑)
posted by 呉 ポカン at 21:46| Comment(0) | TrackBack(1) | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

珍々軒 (上野)

珍々軒.jpg
◆ 珍々軒 (上野/メニュー : 湯麺&餃子)

断言します。世界で一番美味いタンメンです。
アメ横の、きったないガード下にある老舗の名店。
綺麗になったらイヤです。可能な限り、ずっとコレでいて下さい。
周辺にはモツ煮の 「大統領」 などもあり、たいそう賑わっています。

美味い美味い美味い美味い美味い。
もとのスープの出来も素晴らしいのでしょうが、
炒めのワザが超一流なため、スープに野菜の甘みを加えつつも、
歯応えはシャッキリ。
コクがあり、キレが良いという、
まるでビールを表現する陳腐で貧相な表現ですが、

いや、もう、美味いのです。最高。

ちなみに、炒めの腕が良い中華料理屋は、
かならずタンメンと炒飯が美味いです。
どこに行っても必ずそうですから、間違いありません。

無愛想に鍋を振り、炎と格闘する親父。
愛想が良くて化粧の濃いおばちゃん。
この組み合わせもシチュエーションにピッタリで、これまた最高!
posted by 呉 ポカン at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AFURI

AFURI.jpg
◆ AFURI (恵比寿/メニュー : 柚子塩ラーメン&真空平打ち麺)

恵比寿の(元?)人気店、AFURI 【アフリ】。
場所柄もありオシャレ系で、女性客も多い。
アッサリのスープが見事で、何度も訪れています。
食べている時は薄いかな? と感じるほどの味ですが、
食べ終わると、むしろそれくらいで丁度良いと思わされます。

ずっと醤油ばかり食べていましたが、
「柚子塩ラーメン」 を食べてみるとこれがまた美味。
柚子の香りと酸味が、ともすれば薄っぺらくなる塩スープに
奥深さと爽やかさを与えます。
具の炙りチャーシューは香ばしく、脂っぽくないため食欲をそそります。

ただひとつだけ、店員がイマイチ・・・。
厨房にいる数人全員が寡黙なのは、作業中だから良いにしても、
あのキャップを被ったヒゲ面共、オシャレを気取って寡黙なだけな気も。
女の子もなんだかアレで・・・(中国人か?)

こういう店は、
「いらっしゃいませー!!!」 「ありがとうございましたー!!!」 と、
イヤらしいくらいに元気な方が、食ってて気持ち良いです。
posted by 呉 ポカン at 22:29| Comment(0) | TrackBack(1) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

らーめん天神下 大喜

大喜
◆ らーめん天神下 大喜  (らーめん)

数々のランキングで 1 に輝く、天神下の 「大喜」。

初めて行った時、美味いと思いました。
二度目に行った時、まあ美味いと思いました。
そして三度目。まあまあだなと思いました。

何も、20分とか並んで食べる味じゃない気がする・・・。
とにかく、味が良く出来すぎていて、
逆に既製品のように感じてしまいます。
整合性が高すぎる。贅沢な文句です(笑)

いずれにせよ僕、良く出来すぎている味は、
チェーン店やレトルト食品のように感じてしまう傾向があります。
たぶん、三度食べて、もう行かない。
美味いんだけど・・・。
posted by 呉 ポカン at 22:15| Comment(0) | TrackBack(2) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長州ラーメン 【万龍軒】

万龍軒.jpg
◆ 万龍軒 (野菜ラーメン)

千葉市中央区にあるラーメン店、「万龍軒」。
ご当地ラーメンは数あれど、なぜか千葉にある 「長州ラーメン」。
山口にあるのかも知らないし。

それにしても、劇的に美味い。
基本、白濁豚骨は嫌いな僕ですが、ペロっといけます。
麺は九州より太い細麺のストレート。
粉っぽいほどドロドロのスープにもかかわらず極めてアッサリで、
なおかつ、信じられないほど甘い。
チャーシューをはじめ具の味付けも甘いから余計にだけど、
それにしても甘い。

人気メニューはこの野菜ラーメン。
その個性の強いラーメンが、炒め野菜によって、より食べやすくなります。

今は千葉から遠ざかりましたが、またいずれ食べに行きたい逸品です。
posted by 呉 ポカン at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

「もちもちの木 新宿店」 (東京:西新宿)

ブログが波に乗った頃にパソコンの故障を挟んでしまった為、
すげー久しぶりに更新です。
止めた訳ではないのですが、上記理由により忘れかけだったため、
ついつい写真を撮るのを忘れてしまっています。

今日食べたラーメン
● もちもちの木 (東京:西新宿)
メニュー : 中華そば(中)
ラーメンデータベース

いかにも新宿らしい(笑) 地下一階のお店で、20分ほど並んで入店。
外観はイタリアン風で、内装はカフェ風。
そんなオシャレ・ラーメン店で出されるのは、
カツオの風味が強烈な和風ラーメン。
スープ表面を脂が覆い、火傷をするほど熱い。
以前食べた、高円寺の 「田ぶし」 を思わせる
魚粉がふんだんに使われたスープは、
若干の粉っぽさを感じましたが、コクと旨みがたっぷりで、かなりの満足感。
(開店年から、もちもちの木の方が先だと思われますが・・・)
また、手で裂かれたようなメンマ 「穂先メンマ」 も
前記の 「田ぶし」 と同様で、シャキシャキの歯応えが心地良い。
この2店、関係があるのかな・・・?

麺は少し縮れた細麺で、歯応えはシッカリと 「モチモチ」。
麺の量は小・中・大を選べますが、小でも少なくはないようです。

何と言っても、スープの温度が熱々で、
脂が熱を逃がさないので、最後まで食べるのに必死です。
猫舌の人は、かなり気を付けた方が良さそうです。

テーブルに置かれた一味唐辛子とワインビネガーを入れるのも乙。
でも、ワインビネガーは酸味がキツ過ぎたので、
穀物酢とか米酢の方が合うと思うんだけど・・・。それは好みか。

それにしても、ラーメンは奥が深い・・・。
これだから、色んなものを食べてみたくなりますよねー。
posted by 呉 ポカン at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。